ハチミツはなんですか?

はちみつ基本的に紹介

はちみつは、レビトラ昆虫ミツバチは開花の植物の花の中から採って花蜜はハチの巣に蜜を醸造します。 ミツバチは植物の花の中から水量を含んで80%とする花蜜あるいは分泌物を採用して、自分の第2個の胃の中を預け入れて、体内のインベルターゼのに30分を経つ発酵は、ハチの巣に戻って吐き出して、ハチの巣内の温度はよく35℃くらいに維持しています。一定の時間を経て、水分は蒸発して、少し20%含水量を含むのはちみつになって、巣の穴の中に蓄えて、蜜蝋で密封します。

はちみつは1種の自然の食品です。味は甘くて、含む単糖は、消化することを通過してすぐ人体に吸収されることができて、婦人、子供、特に老人がもっと良好な保健役割を持っています。だから、はちみつは“老人の牛乳”と呼ばれます。 はちみつの成分はブドウ糖、果糖のものがまだ各種のビタミンを含むこと、ミネラル物質とアミノ酸を植えることを除いて、1キロのはちみつは2940カロリーの熱量を含みます。 また、はちみつは砂糖の過飽和の溶液で、低温の時は結晶を生じることができて、結晶したブドウ糖であることを生成して、結晶の部分を生成しないのは主に果糖です。

☟女性不感症