女性のハチミツには良質血気不足の簡単な自己判断

p>を例えるなら<人体植物の成長と,ガスは日光で、血は水で、2者は人体の共同作用させ,すくすく.この点、人体に対して、1つの臓腑に対して同様であることに対して.気と血が人体の中で発見していくつかの詳細に限り、見分けがこれらの小さい細い点を認め、各臓腑血気の運行状態を助け、予知の疾病、健康を保つ.

1、目

を見ます主に目の色の色と清らかさを見ると.子供もひとペアの澄んだ目で正宗も焼き落つれば釘の価のように形容の中年の人.目は澄みきってい明るく、元気、血気が十分だと説明します;白目の色濁っていて、発黄、肝臓の血気の不足を表明し、白目と肺大腸との密接な関係は、もし白目血走った細い線があって、多くは肺大腸と熱い目の袋が大きいと説明して、脾臓のびくびくする;目が乾きました.、まぶたは重く、代表の血気の不足も;もし2目は停滯して、暗い無光、血気の障害の表現.

2、耳に耳

を見て

耳は人体の縮図で、ほぼすべての臓器の変化も耳に表現し、その中の最も密接な関係は腎.人の常説耳が大きいである、耳厚が高い人は腎臓の息の十分な表現、耳を薄くして小さい人、多い腎臓の息の虚を損.耳が大きい、柔軟で、肉は多く骨が少なく、耳たぶが旺盛で、明らかにこの人先天の栄養状態がよくて、耳がどうしても小さく、こわばって、肉の少し骨が多くて、耳が薄くて、これを代表して人の体質は一員.

色白い耳に多くみられる寒風と寒気の風邪も見えて、陽の息不足の人は、耳の赤い腫れ、多くは“のぼせ”の表現で、よく見られる肝胆火旺や蒸し暑い;耳たぶに本ある斜線紋、説明气虚耳鳴りや難聴心、腎臓の息の説明は弱い.耳の局部が結節性や条索状隆起し、ドットこみ、そして光沢がない人、多い提示慢性器質性病気、肝硬変、腫瘍など.耳の局部の血管があまりにも満ち溢れ、拡張、見られる丸状、条段様などを変えて、普通は心の肺機能の異常な人、心臓病,ハチミツには良質、ぜんそくなど.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です