新しい診断のハチミツには良質下で私はどのように糖尿病があることを知っています

唯一教えは医師,ハチミツには良質、あるいは新陳代謝科医師が、人には得意分野がある、毎日糖尿病だけ見て、メッセージを受けても糖尿病を中心にので、診断と治療の比較と近年の進歩.過去のいくつかの宣伝三多症状を強調しすぎて、実は私は台北市士林と北投の研究では、新たに発生が典型例三多ないにになって、臨床の上で通院治療中の患者のようで、もし血糖下げる治療目標糖化ヘム(A1C)7.0%以内、も少ない三多なので、早く1970年代に、私は学生の時、アメリカのウェスッター教授は彼が書いた本の中で指摘して糖尿病から診断は渡し実験試験血、医師判読、血漿飴は医師の血を入れる検静脈に入った抗凝固剤、試験管の遠心後は酵素法検査いくらブドウ糖を含んで、最近にじゅう年は特異性の方法.

(いち)は過去A1C東日本血球や係疾患などの影響で、できないものは全世界と診断が、糖尿病の流行率の上昇で、糖尿病人に近いのがだんだん多くなって,毎一年発生率も上昇傾向にあり、空腹血漿糖を引いたのは1回までの、黄色の光機会が大きく、さらに引く5回の75グラム経口ブドウ糖耐久性試験(Oral Glucose Toleranceテスト、OGTT)、人力と財力をむだにする.だからもう2010年改正を第一A1C診断ツールは、個人の文献と臨床経験によって、近くにじゅう年続けて追跡の糖尿病の候補者、A1C大きい於などは糖尿病患者は6 . 5%に受け75グラム経口ブドウ糖頑健性試験の苦しみ.病人は臨床診断や疫学研究が大きい利益の減少、簡単な定義が流れて流失事例2回.

(に)空腹血漿砂糖です126mg/dl、空腹の定義:朝の検査の前は少なくともはち時間未進食べ物や飲み物を除いて湯以外の.糖尿病と診断.1997年アメリカ糖尿病学会専門家委員会の発表糖尿病の診断が増えて本項、140mg/ dlまで下がっ126mg/dl、当時を避ける目的も引く5回の75グラム経口ブドウ糖耐性は臨床試験、患者の診断や疫学研究は非常に良い、簡単な定義が流れて減少2回流失事例.空腹血漿糖検査は優先の診断テストは、安いから急速に,しかもランダム血漿濃度なら砂糖です200mg/dlかつと同時に糖尿病関連症状、確定診断糖尿病.

(さん)は妊娠はしていない成人検査75グラム経口ブドウ糖耐久性試験(Oral Glucose Toleranceテスト、OGTT)、第に時間血漿糖濃度です200mg/dl、糖尿病は確定.通常は定義:正常血糖値の定義は空腹血漿糖濃度(fasting plasma glucose、FPG)ななじゅう–100 mg/dl.経口ブドウ糖寛容性試験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です