私とハチミツには良質大自然はデートがあります

に出て行くと、風には露とモクセイの香りを含んで、朝、本当にとても良い時間です!

は何も持っていないし、緊張の勉強にも気を使わずに、いい気持ちになって、林の中には、自然と自然とのデートに.

p> <に大山、両側の灌木が茂って、声も鳥の啼く啭,ハチミツには良質、草むらの中に住むコオロギ、川楝子、甲虫、キリギリス、それらはすべて、優しい歌を奏でて加減して、これは昆虫ならではの才能.遠くに見て、金色の麦の稲は少し香りを出して、農民は粟を刈り取っている.竹林、ひとしきりひとしきりの渓流が響いて,水に流れ潭水から出で異帯の音響、――バラバラと、まるで秋の賛歌を与え、奥深い穀に、飛来数羽のツル、忙しい林に巢.

はあたり香る花で 女性媚薬,私とデルピー戯れて、笑って、散策の道、不意に:一輪の花びら、枝から滑って下ろして、進清涼山のふちに伴って黄葉、翻る着地;保存香りの芝生の上で充満して、山の空気を呼吸して、そっと揺れモクセイの枝、モクセイが一芝生の星、甘い味を出して株.多分、これは自然の本当の味なのでしょうか!

あっという間、時間はお昼になり、太陽がだんだん穏やかになりました.私はUターン、鳥は前の道案内、私と交流して今回は大自然の感じ、草は道端に路傍、私と手を振って別れを告げます.私の記憶に満ちて、振り返って眺めて起伏の山は、静かで美しい……

デートは終わって、しかし私の心は依然として殘ってあの山と水の中に、一木一草.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です