夏のハチミツには良質まぶしい太陽の

p> <未明、たいてい4時過ぎ、鳥はまだ安眠、東方は少し見薄明かり、大地の舞台の上の道具も片っ端からその山の輪郭が木の輪郭、ビルの輪郭……だんだん,だんだん、光が切れ、日は墨に紺.鳥が目覚め、ぱち羽が登壇て歌い上げた.朝焼けの赤い情緒アクセサリ空、そして深藍から思って、恥ずかしそうな主役児と顔を赤くしてゆっくりと山の後ろから移して.光は闇の代わりに、大地の万物すべて露出したそれの正体、想像の中の凶悪な、怖い、予測と偽り、すべてを突きつけられて、当てずっぽうなく、すべて本当に真実実、実に.

に昼十二時、日光は毒です
レビトラ通販.世界が明になる一枚.動物は多くそこへ行った.そこで,大地は瀋黙して、見かけだけエアコンを冒して冷房.かわいそうな植物は、頭をぶらさがるて火に耐えて燃えているようなこげ焼き.もちろん、それは享受しているかもしれない!結局これも大自然の試練、熟していて死守の試練をしたいです.

夕方4時過ぎ、夕日を林に斜め,ハチミツには良質、片片葉が光ってる.風はそれらを手に取り、やんちゃな子は鏡晃人の目、苦難はすでに過去、この日はまた終わって、何も楽しくありません.夏のまぶしいこの夏、私はもう暗を恐れていない、光が私の魂は貫通、目を閉じても、頭の中にはすべて光が満ちている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です