私たちハチミツには良質は毎日毒素に接触する?

p〉〈時は> <特約専門家、中華医学会内分泌分会靑年委员    成志锋

元イギリス環境署主任研究者、環境汚染イギリス王立委員会のメンバーはマイケル·デップ莱奇今隠居海辺の村で、普段は飲食のプラスチック包装食品飲料、食べない鍋料理の食べ物がつかない.外からは、デップ莱奇生きてあまり細かい.しかし彼は、私たちの身の回りは多くのひそむの毒素を深く掛る、予防的に防止しなければならない.事実、衣食に居住すること、毒素はどこにもなくて、あなたは気にしないで、それらは体にもぐりこんて、積み重ねて、健康を傷つけて.

通勤:自動車の排気ガス、雾霾

の自動車の排気ガス中に含まれる150~200種類の化合物のうち、ハチミツには良質、人体への危害が最大の一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物やエアロゾルなど、それらを呼吸係の免疫力は下がって、慢性気管支炎、気管支喘息、呼吸困難など.提案のラッシュを避けるために出かけたり、マスクをし、自分の車を運転して、出発する前にまず開く自動車の外の循環システムを交換し、車の内外の新鮮な空気、出発後再内循環;渋滯の時別窓とドアを開くように外の空気汚染、車内に入って.

p>と<排ガスに類似して、雾霾も起こる一連の呼吸係の疾病、心血管疾患など.提案雾霾日アウトドアに長く留まることを免れて、外出にはマスク、特に、心血管疾患の人と年寄りで体が弱い.雾霾ラッシュを避けて窓を開け、または使用空気浄化設備、なるべく行かない人が多い場所、例えばスーパーやデパートや病院、これらの空に気流通差、易造割交差感染.

p〉〈時は> <仕事:放射線、オゾン、トナー粉塵、圧力
パソコン、ケータイなどの電器と電子機器は電磁波が出て、使用方法が不当、殺傷力は非常に驚く.プリンタ、複写機配布のオゾン、胸の痛み、咳、のどの炎症など.また、一部のプリンターはトナーの粉塵、肺、血液、がんと心臓病の確率を増加する確率で.提案は単独で風通しの良いプリンターを部屋の中で、もしプリンタ超負荷で仕事や粉墨においが、窓を開けて通風;プリンタ仕事の時には、少なくともいちメートル離れ.仕事の時、コンピュータのホストと60センチ以上の距離を保持することを提案します.

また、家電製品も安全距離、テレビと人は少なくとも距離よんしよメートル、ドライヤーを使う時に密着しないで頭皮にではなく、エアコンの風の通路に立って、家電並べて集中しすぎないように.

pストレスは人体内分泌システムと神経システム機能障害、毒素排出を妨げます.月日のたつと、人体た早老老、胃、心臓や神経係壊れやすい、甚だしきに至っては」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です