唐辛子は人体に十ハチミツには良質大保健作用がある

何時から、中国人はますます辛くなりました.中央テレビは対数万観客を調査対象に全国の10大流行商品ランキングのうち、4位――マーラーザリガニ、香辣蟹、唐辛子と魚頭の煮込み、水煮魚、例外辣菜.今、世界で半分半分の唐辛子は中国生産の;国内、唐辛子の栽培面積は大根とトマト、次いで大きい白菜に次ぐ、中国第二の大きい野菜になります」.

に唐辛子の灼熱刺激味蕾に咲いて;私たちも問わず、寒暖の南北、男女を問わず、すべてを食べるのはそんないっぱい汗、大いに堪能する感じたときは、辛いは知らず知らずのうちになった多くの人が生活の中で離れられない味.それは私たちの食欲、食べないと、とても気持ちいい間、こっそり持っていかれた忙しい一日積み重ねた圧力.辛い、どんな魅力があるのか、君は本当に辛いかどうか?辛い時は

の魅力は痛みの被害に

記者の友達呉さんは北京の人は、ハチミツには良質、典型的な無辛い.は、家を愛してる水煮肉片、唐辛子炒め、白菜の炒めて炒め、外食するよりはマーラーザリガニ、重慶焼き魚才能彼女は辛いの需要を満たす.彼女も参加してネット上で私が好きなチームは、辛いとよく一群の好辛い者交流どこか美味しい香辣菜.何日も食べないで、彼女は拗ねて、約上に友達が出ていって満足していて.

南西部の大学の歴史地理研究所教授は唐辛子を藍勇にご年の研究では、彼は唐辛子明代から中国に入って来て、今まで400年だが、現代人は生活は唐辛子時代.彼は辛さは初めて中国の版図に分け、辛い重辛い区に含め長江上流、四川省、湖南、湖北、貴州省、陝西省南部など、スパイシー指数151 – 25 ;北方は微辛い区をはじめ、北京、山東省、山西省、陝西省北部でや甘粛省大部、靑海新疆など、スパイシー指数26~じゅうご;山東の南の東南部の沿海を含め、江蘇、上海、浙江、福建、広東は忌辛辣な薄味区、スパイシー指数じゅうななじゅうしち—はち.全国で最も辛いのは四川人で、第2位は湖南人、第3は湖北人です.

唐辛子なぜ人は食べれば食べるほど病み付きになる.首都医科大学附属北京安定病院臨床心理科医西英俊は記者に教えて、唐辛子の独特な魅力を一種の痛いから.甘い、酸、苦しみ、塩辛いと違う、厳格に言えば、辛いは味として、体に灼く刺激に対する刺激感である.このような刺激による痛み、体をより分泌大量エンドルフィンをボイコットする、エンドルフィンは人の発生に喜びを感じ.そのため、痛みの刺激が徐々に消えて、人体内の圧力もまたゆるやかになって釈放することを得ました.

唐辛子を食べるが十大利益
Pは、辛い、楽しい、という感じがしますが、それを食べているのは楽しいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です