世界保健機関による大人と子供の糖分摂取量のガイドライン

 

最近、世界保健機関(WHO)が大人と子供の糖分摂取量のガイドラインを公表した。過剰の糖分を摂取する問題が注目を集め ている。では何が糖分なのか。どれらの糖分を制限する必要があるか。果物の中の糖を含むか?ジュースを含むか。ハチミツを含むか。多くの人がこれら問題に 困惑している。

世界保健機関がいう糖分は、新鮮な果物には含まれている天然の糖分ではなく、牛乳の中に含まれている乳糖ではなく、食糧のイ モ類や芋のでんぷんでもない。それらは人類が食品を作る時に付け加えた蔗糖、ブドウ糖と果糖などだ。食品工業でよく使われるでんぷんシロップ、麦芽シロッ プ、ブドウシロップなどの甘味澱粉加水分解製品である。人たちに「天然」と「健康」のイメージを与える100%ジュース、濃縮ジュースとハチミツも制限さ れる。

既存の証拠を基礎として、WHOは人が生涯に遊離糖分の摂取量を制限することを推薦する。大人も子供も、糖分の摂取量を毎日の総エネ ルギーの10 %以下、さらに5 %以下に制限することができるように提案する。では、「毎日の総エネルギーの10 %」はいったいどのぐらいの糖分か

軽 い体力活動の成年女性にとって、毎日の総エネルギーの摂取値は1800キロ、10 %は180キロ、45グラムの砂糖に相当する。この量を半分に制限する ことなら22 . 5グラムとなる。45グラムの砂糖が多いそうだが、しかし、いったん食品となると、めったにすくない。例えば、ボトル500ミリリット ルのコーラを飲むだけで簡単に52 . 5グラム砂糖を摂取して、もちろんこれは世界保健機関から出された45グラムの糖分の限定を超える。ほとんどの市 販の甘い飲み物の糖分含有量が8%-12%の間で、本当に一瓶でエクシーズ。

「私は健康に気をつけて、子供にコーラを飲まく、100% ジュースを飲む」という人がいる。でも、前にはジュースも勝手に飲むことはいけないという。例えば、市販の100%ブドウジュースには16~20 %が糖 分、たとえ16 %に計算しても、1杯(200グラム)で32グラムの糖が含まれている。